野依校区の紹介

野依八幡社 しだれ桜

校区紹介

野依校区は、野依町、若松町、野依台1丁目の3町で形成されております。3町の歴史はそれぞれに大きく異なっており、野依町は外宮の荘園であったと記録されているほどの歴史ある町です。

野依校区 しだれ桜まつり

野依八幡社の枝垂桜は、平成11年2月22日付けで豊橋市天然記念物の指定を受け、毎年3月20日前後に開花する姿は見事なもので野依校区のシンボルとなっています。この時期に校区民が八幡社に集まり、美しい桜花を眺め、親睦を深めながらしだれ桜まつりを開催しています。

野依校区親子ウォーキング大会

平成25年度から「野依親子ウォーキング」を8月に開催、自分たちの暮らす野依校区を親子で歩くことで、校区の危険箇所を知り『自分の命は自分で守る』という機会を親子で考え、活動内容は、530運動発祥の地である豊橋市を校区からクリーンにし、こども110番の家を確認することで子供の安全が確保される運動を行いました。

餅つきを楽しむ会

毎年11月に野依校区青少年健全育成会が主催で、校区の親子がお年寄りの方や地域の方と一緒に餅つきを行い、つきたての餅を味わい、参加者700名全員で体験することで地域の方とのコミュケーションが図られ有意義な開催となりました。

自治会加入会員数

自治会 自治会名 加入会員数
254 野依町 491
255 野依台一丁目 585
256 若松町 573
  合計 1,649

直前のページへ戻る